ストレス社会とうつ病

今の世の中はストレス社会と言われます。
たしかに、社会は24時間動き続けているので、
強いストレスを与えてしまっているのかもしれません。
特に多いのはうつ病が出てしまう人ですね。
うつ病になると、眠れなくなったり、拒食になってしまったり、それとは反対に食べ過ぎるというような症状が出ることがあります。
このようなうつ病の典型的な症状が出てしまいますと、ますます生活の悪循環が起きてしまいます。

うつ病の症状が出たり、もしかしたら自分はうつ病なんじゃないか、という疑いをもった方は、これ以上悩まず、うつ病に関するカウンセリングを受けるのがいいのではないでしょうか。
うつ病になるサラリーマンも増えているため、良い産業医も日本には増えています。
これが良いことだと言う事は難しいですが。
まぁ自覚的な症状が現れ始めたら、すぐに行動してみましょう。

近年は、世の中も競争社会になっており、成果を出さなければ評価されない社会になっています。
その結果、思い悩んでうつ病を発症してしまう方が増えていってるんです。

うつ病の症状が悪化すると最悪の場合、自殺につながってしまうかもしれません。

これ以上、日本に自殺者を出さないためにも、うつ病を根絶する必要があります。